目標は人に言わずにおこう TED Talks

お勧めTED talksです。

今回はこの人

デレク・シヴァーズ 「目標は人に言わずにおこう」

スクリーンショット 2014-12-15 11.29.47

 

 

言うのは簡単だけど、やるのは(やり続けるのは)難しいって事ですな。

有言実行は難しい。目標を言っても満足せず、錯覚せず、言うのはその事を肝に銘じて言うようにしよっと 汗

こんな風に言うのも大切だけどね。

mig

 

 

 

 

================================

Everyone, please think of your biggest personal goal. For real — you can take a second. You’ve got to feel this to learn it. Take a few seconds and think of your personal biggest goal, okay? Imagine deciding right now that you’re going to do it. Imagine telling someone that you meet today what you’re going to do. Imagine their congratulations and their high image of you. Doesn’t it feel good to say it out loud?Don’t you feel one step closer already, like it’s already becoming part of your identity?

Well, bad news: you should have kept your mouth shut, because that good feeling now will make you less likely to do it. Repeated psychology tests have proven that telling someone your goal makes it less likely to happen. Any time you have a goal, there are some steps that need to be done, some work that needs to be done in order to achieve it. Ideally, you would not be satisfied until you had actually done the work. But when you tell someone your goal and they acknowledge it, psychologists have found that it’s called a “social reality.” The mind is kind of tricked into feeling that it’s already done. And then, because you felt that satisfaction, you’re less motivated to do the actual hard work necessary. (Laughter) So this goes against the conventional wisdom that we should tell our friends our goals, right — so they hold us to it.

So, let’s look at the proof. 1926, Kurt Lewin, founder of social psychology, called this “substitution.”1933, Vera Mahler found, when it was acknowledged by others, it felt real in the mind. 1982, Peter Gollwitzer wrote a whole book about this and in 2009, he did some new tests that were published.

It goes like this: 163 people across four separate tests — everyone wrote down their personal goal.Then half of them announced their commitment to this goal to the room, and half didn’t. Then everyone was given 45 minutes of work that would directly lead them towards their goal, but they were told that they could stop at any time. Now, those who kept their mouths shut worked the entire 45 minutes, on average, and when asked afterwards, said that they felt that they had a long way to go still to achieve their goal. But those who had announced it quit after only 33 minutes, on average, and when asked afterwards, said that they felt much closer to achieving their goal.

So, if this is true, what can we do? Well, you could resist the temptation to announce your goal. You can delay the gratification that the social acknowledgement brings, and you can understand that your mind mistakes the talking for the doing. But if you do need to talk about something, you can state it in a way that gives you no satisfaction, such as, “I really want to run this marathon, so I need to train five times a week and kick my ass if I don’t, okay?”

So audience, next time you’re tempted to tell someone your goal, what will you say? (Silence) Exactly, well done.

(Applause)

================================

皆さん 自分の 大きな個人目標について考えてください 真剣にです 理解するには 自分で感じる必要があります 集中して 大きな個人目標を考えましょう できましたか? それに取り組むことに 決めたと想像してください 今日会う人に そう話すのを想像してください その人たちがほめて 自分を見直すのを想像してください 口に出して言うのは いい気分です それだけでもう ゴールに一歩近づいて すでに自分のものになった気がしませんか?

悪いニュースは 口を閉じなきゃいけないということです 話すことの気持ち良さが 実際にやる可能性を下げてしまうのです 目標を人に話すことが 実現の可能性を下げることは 心理学の実験で繰り返し示されています 目標を目指すときには 実現のため踏むべき段階があり やるべき苦しい作業があります 本来なら実現するまで満足は得られないはずなのに 目標を人に話し 認めてもらうと それが一種の― 社会的現実になることに 心理学者は気づきました もう実現したかのように 心が錯覚してしまうのです そして満足を感じることで 必要な努力を実際に行う― 動機づけが低下してしまうのです これは 支えが得られるよう 目標は友達に話すべきだという 一般通念に反しますよね?

証拠を見てみましょう 1926年 社会心理学者クルト レヴィンは これを「代償行為」と呼び 1933年 ヴェラ マーラーは 他の人に認められると 心は現実のように感じることを示し 1982年 ピーター ゴルウィツァーは これに関して本を書き 2009年には 新たな実験結果を公開しました

こんな実験です 163人が4つのテストを受けます みんな個人目標を紙に書いて 半分の人はみんなに向かってそれをやると宣言します あとの半分は口外しません それからみんな45分与えられて 自分の目標に近づくための作業をしますが 好きな時にやめてよいと言われます 目標を言わずにいた人たちは みんな45分間全部を使い 後で質問すると 目標の実現までは まだ遠いと感じると言います しかし目標を口外した人たちは 平均で33分過ぎたところでやめてしまい 後で質問されると ゴールにずいぶん近づいた気がすると言うのです

もしこれが本当なら どうすればよいのでしょう? 目標を人に言いたい誘惑に 抵抗してみましょう 社会的に認められるという満足を 後に取っておきましょう そして言うことと実行することを 取り違える心理を理解しましょう 言わなければならない場合にも 満足感を与えないように 言えばよいのです たとえば― 「今度のマラソン大会で走りたいから 週5日トレーニングしなきゃいけないんだ サボっていたら喝を入れてくれない?」

そういうわけで皆さん この次誰かに目標を話したくなったら どう言えばよいのでしょう? そうです よくできました

(拍手)

 

 

読んでくれてありがとうございました!
こちらもポチッとしてくれると励みになります☆
にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

WHAT DO YOU THINK ABOUT フィリピン留学?
初心者歓迎 Basic English Camp
ホームページ http://english-bec.com
プロモ 4週8万円~受付中
フェイスブックページ https://www.facebook.com/basic.english.camp
動画はこちら https://www.youtube.com/watch?v=8_VAH8EqpRg
ロゴマーク
0089 HP・お問い合わせはこちら

Add Friend

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中