ボランティア消防士が語る人生の教え TED Talks

スクリーンショット 2015-03-03 8.52.35

今日は久々にお勧めTED Talksです。

マーク・へゾスさんで「ボランティア消防士が語る人生の教え」です。

この人も4分ちょいで聞き易いです。
声質が好きですけど、ちょっと早く感じますね。
でも聞き取りしてると慣れますのでご安心を。
今回も深〜い話しでした。
「待ってるだけではダメ」なんですね〜
分っちゃいるけどなかなか、、、耳が痛い。

まずは、靴を救おう!

========================================================

0:11
Back in New York, I am the head of development for a non-profit called Robin Hood. When I’m not fighting poverty, I’m fighting fires as the assistant captain of a volunteer fire company. Now in our town, where the volunteers supplement a highly skilled career staff, you have to get to the fire scene pretty early to get in on any action.
0:30
I remember my first fire. I was the second volunteer on the scene, so there was a pretty good chance I was going to get in. But still it was a real footrace against the other volunteers to get to the captain in charge to find out what our assignments would be. When I found the captain, he was having a very engaging conversation with the homeowner, who was surely having one of the worst days of her life. Here it was, the middle of the night, she was standing outside in the pouring rain, under an umbrella, in her pajamas, barefoot, while her house was in flames.
1:04
The other volunteer who had arrived just before me — let’s call him Lex Luther — (Laughter) got to the captain first and was asked to go inside and save the homeowner’s dog. The dog! I was stunned with jealousy. Here was some lawyer or money manager who, for the rest of his life, gets to tell people that he went into a burning building to save a living creature, just because he beat me by five seconds. Well, I was next. The captain waved me over. He said, “Bezos, I need you to go into the house. I need you to go upstairs, past the fire, and I need you to get this woman a pair of shoes.” (Laughter) I swear. So, not exactly what I was hoping for, but off I went — up the stairs, down the hall, past the ‘real’ firefighters, who were pretty much done putting out the fire at this point, into the master bedroom to get a pair of shoes.
2:05
Now I know what you’re thinking, but I’m no hero. (Laughter) I carried my payload back downstairs where I met my nemesis and the precious dog by the front door. We took our treasures outside to the homeowner, where, not surprisingly, his received much more attention than did mine. A few weeks later, the department received a letter from the homeowner thanking us for the valiant effort displayed in saving her home. The act of kindness she noted above all others: someone had even gotten her a pair of shoes.
2:44
(Laughter)
2:46
In both my vocation at Robin Hood and my avocation as a volunteer firefighter, I am witness to acts of generosity and kindness on a monumental scale, but I’m also witness to acts of grace and courage on an individual basis. And you know what I’ve learned? They all matter. So as I look around this room at people who either have achieved, or are on their way to achieving, remarkable levels of success, I would offer this reminder: don’t wait. Don’t wait until you make your first million to make a difference in somebody’s life. If you have something to give, give it now. Serve food at a soup kitchen. Clean up a neighborhood park. Be a mentor.
3:28
Not every day is going to offer us a chance to save somebody’s life, but every day offers us an opportunity to affect one. So get in the game. Save the shoes.
3:38
Thank you.
3:40
(Applause)
3:45
Bruno Giussani: Mark, Mark, come back.
3:47
(Applause)
3:54
Mark Bezos: Thank you.

========================================================

(1) 私はニューヨークにあるロビンフッド財団で 組織開発の責任者をしています そこでは貧困と戦っていますが それ以外の時は ボランティア消防団の副団長として 火事と戦っています 私が住む町では 本職の消防士が高い技能を持っているので ボランティアとして消防団の活動に参加するためには 現場に到着する速さが勝負です

(2) 初めての火事の時のことです 私はボランティアの中で2番目に到着したので 仕事をする機会は十分にありました それでも 団長を見つけて 任務を割り振ってもらうのに 他のボランティアと激しい競走になりました 団長を見つけると 彼は 人生最悪と呼べる日に直面した 家の持ち主と 寄り添うように話をしていました 真夜中でしたが 家主の女性は 炎に包まれている家の前で 打ちつける雨の中 傘を差し パジャマを着て裸足で立っていました

(3) 私の直前に着いたボランティアは – (スーパーマンの敵役)レックス・ルーサーと呼びましょう – (笑) 最初に団長のところに行き 家の中から 家主の犬を 救って来るようにと言われました 犬ですよ! 羨ましくてたまりませんでした 弁護士だったか資産運用者だったか 彼は後々まで言い続けるでしょう 自分は燃え盛る建物の中に入り 生き物を救ったのだと 私より5秒前に着いただけなのに 次は私の番でした 団長が私を呼び寄せて言いました 「ベゾス 家の中に入ってくれ 2階に行って 火の向こうから家主さんの 靴を取って来るんだ」 (笑) 本当ですよ 期待していたのとは違いましたが 私は家の中に入って階段を上り ホールを抜けて’本物’の消防士たちの脇を通り – 彼らはほとんど火を消し止めていました – 寝室から靴を取ってきました

(4) 皆さんが考えていることはわかります でも私はヒーローではありません (笑) 私は靴を持って1階に下り 玄関のところで 宿敵とお犬様に会いました 私たちは取ってきたお宝を外で家主に渡し 当然のことながら 犬の方が靴よりもずっと注目されました 数週間後 消防団は家主から 火事の際の勇敢な活動に対する お礼の手紙をもらいました 親切な行為として真っ先に記されていたのは 誰かが靴まで持って来てくれたということでした

(笑)

(5) 私は ロビンフッドでの仕事と ボランティア消防士の活動の両方で 巨大な規模の 寛容で親切な活動を目にしてきました でも それと同時に 個人単位での 思いやりや勇気に満ちた行為もありました 私が学んだのは どちらも重要だということです この会場の中には 既に大きな成功を収めた人も 成功に向かって進んでいる人も いると思いますが このことを覚えておいて下さい 「待っているだけではダメだ」 まずは自分が100万ドル稼いでから 誰かの人生を変えようなど 待っていてはダメです 与えられるものがあるのならば 今それを与えて下さい 炊き出し所で食料を配り 近くの公園を掃除し 相談相手になるのです

(6) 誰かの命を救う機会は 毎日訪れるものではありませんが 誰かに影響を与える機会は 毎日あります その機会を逃さず 靴を救うのです

ありがとう

(拍手)

ブルーノ・ジュッサーニ:マーク もう一度ステージに

(拍手)

マーク・ベゾス:ありがとう

読んでくれてありがとうございました!
こちらもポチッとしてくれると励みになります☆
にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

WHAT DO YOU THINK ABOUT フィリピン留学?
初心者歓迎 Basic English Camp
ホームページ http://english-bec.com
プロモ 4週8万円~受付中
フェイスブックページ https://www.facebook.com/basic.english.camp
動画はこちら https://www.youtube.com/watch?v=8_VAH8EqpRg
ロゴマーク
0089 HP・お問い合わせはこちら

Add Friend

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中