新しいアイデアのつくり方

無題

 

お勧めTED Talksです。日本人の方がプレゼンテーションされています。

高橋晋平さんの「新しいアイデアのつくり方」です。

なるほどー
この方法だと、ほんとに色々なアイデアが思いつきそうです!

何かアイデアを考える時に使ってみたいと思います!

 

日本語でプレゼンされていますが、英語の字幕もあります。

========================================================

0:13
Hello. I’m a toy developer. With a dream of creating new toys that have never been seen before, I began working at a toy company nine years ago. When I first started working there, I proposed many new ideas to my boss every day. However, my boss always asked if I had the data to prove it would sell, and asked me to think of product development after analyzing market data. Data, data, data.
0:41
So I analyzed the market data before thinking of a product. However, I was unable to think of anything new at that moment. (Laughter) My ideas were unoriginal. I wasn’t getting any new ideas and I grew tired of thinking. It was so hard that I became this skinny. (Laughter) It’s true. (Applause)
1:07
You’ve all probably had similar experiences and felt this way too. Your boss was being difficult. The data was difficult. You become sick of thinking. Now, I throw out the data. It’s my dream to create new toys. And now, instead of data, I’m using a game called Shiritori to come up with new ideas.
1:28
I would like to introduce this method today. What is Shiritori? Take apple, elephant and trumpet, for example. It’s a game where you take turns saying words that start with the last letter of the previous word. It’s the same in Japanese and English. You can play Shiritori as you like: “neko, kora, raibu, burashi,” etc, etc. [Cat, cola, concert, brush] Many random words will come out. You force those words to connect to what you want to think of and form ideas. In my case, for example, since I want to think of toys, what could a toy cat be? A cat that lands after doing a somersault from a high place? How about a toy with cola? A toy gun where you shoot cola and get someone soaking wet? (Laughter)
2:12
Ridiculous ideas are okay. The key is to keep them flowing. The more ideas you produce, you’re sure to come up with some good ones, too. A brush, for example. Can we make a toothbrush into a toy? We could combine a toothbrush with a guitar and — (Music noises) — you’ve got a toy you can play with while brushing your teeth. (Laughter) (Applause) Kids who don’t like to brush their teeth might begin to like it.
2:40
Can we make a hat into a toy? How about something like a roulette game, where you try the hat on one by one, and then, when someone puts it on, a scary alien breaks through the top screaming, “Ahh!” I wonder if there would be a demand for this at parties?
2:57
Ideas that didn’t come out while you stare at the data will start to come out. Actually, this bubble wrap, which is used to pack fragile objects, combined with a toy, made Mugen Pop Pop, a toy where you can pop the bubbles as much as you like. It was a big hit when it reached stores. Data had nothing to do with its success. Although it’s only popping bubbles, it’s a great way to kill time, so please pass this around amongst yourselves today and play with it. (Applause)
3:35
Anyway, you continue to come up with useless ideas. Think up many trivial ideas, everyone. If you base your ideas on data analysis and know what you’re aiming for, you’ll end up trying too hard, and you can’t produce new ideas. Even if you know what your aim is, think of ideas as freely as if you were throwing darts with your eyes closed. If you do this, you surely will hit somewhere near the center. At least one will. That’s the one you should choose. If you do so, that idea will be in demand and, moreover, it will be brand new. That is how I think of new ideas.
4:09
It doesn’t have to be Shiritori; there are many different methods. You just have to choose words at random. You can flip through a dictionary and choose words at random. For example, you could look up two random letters and gather the results or go to the store and connect product names with what you want to think of. The point is to gather random words, not information from the category you’re thinking for. If you do this, the ingredients for the association of ideas are collected and form connections that will produce many ideas. The greatest advantage to this method is the continuous flow of images. Because you’re thinking of one word after another, the image of the previous word is still with you. That image will automatically be related with future words. Unconsciously, a concert will be connected to a brush and a roulette game will be connected to a hat. You wouldn’t even realize it. You can come up with ideas that you wouldn’t have thought of otherwise.
5:06
This method is, of course, not just for toys. You can collect ideas for books, apps, events, and many other projects. I hope you all try this method. There are futures that are born from data. However, using this silly game called Shiritori, I look forward to the exciting future you will create, a future you couldn’t even imagine.
5:31
Thank you very much.
5:33
(Applause)

========================================================

0:13
こんにちは 私はおもちゃの開発者です 見たこともない新しいおもちゃを 作りたいという夢を持って 9年前におもちゃ会社に入りました 入社したころは 新しいアイデアを 毎日 たくさん考えて 上司に提案していました しかし いつもこう言われました これが売れるというデータがあるのか 市場データを分析して 商品を考えろ データ、データ、データ そこで私は 市場データを分析して 商品を考えました そのとたん 新しいことを何も 思いつかなくなったんです (笑) 出てくるのは何か似ているものばっかり だんだんとアイデアが出なくなり 考えることもいやになって 苦しくて 最終的に こんなに 痩せてしまいました (笑) はい そうです (拍手)
1:07
皆さんも 似たような気持ち 経験があるんじゃないでしょうか 上司が苦しい データが苦しい 考えるのが嫌になってしまった 今 私は データを捨てました 新しいおもちゃを作るのが夢なんです そして今 代わりに しりとりというゲームを使って アイデアを考えています
1:28
今日は この発想法を ご紹介したいと思います しりとり とは りんご ゴリラ ラッパ というように 最後の文字を頭につけた言葉を 順に言っていくゲームです 日本語も英語も だいたい一緒ですね このしりとりを自由にやっていきます ねこ コーラ ライブ ブラシ などなど ランダムな言葉がたくさん出てきます その言葉を自分が考えたいものに むりやり結びつけて アイデアを出していくんです たとえば私の場合 考えたいものはおもちゃなので 「猫のおもちゃ」って 何だろう? 高いとこから一回転して 着地する猫のおもちゃ 「コーラのおもちゃ」って 何だろう? コーラを銃で撃って 相手をベタベタにするおもちゃ (笑)
2:11
くだらないアイデアでいいんです どんどん出していきます そうすると アイデアを出せば出すほど いいアイデアも必ず出てきます たとえば ブラシ 歯ブラシをおもちゃに出来ないか たとえば 歯ブラシとギターを合体させて ジャジャジャ ジャジャ 磨きながら演奏が出来るおもちゃ (笑)(拍手) 歯磨きがいやな子供が 歯磨き好きにならないかな
2:40
帽子をおもちゃに出来ないかな ロシアン・ルーレットみたいに 一人ずつ こう帽子を被っていって 誰かが被った瞬間に 頭を突き破って 凶暴なエイリアンが 「ギャアァッ」と出てくる これ ホームパーティーとかで 需要がないかと
2:57
データとにらめっこしていては 絶対出てこないアイデアが どんどん出てきます 実際 この梱包材の プチプチ — 壊れやすいものを包む — これをおもちゃと結びつけて 無限プチプチという この好きなだけ指で プチプチ出来るおもちゃ 生まれて これ大ヒットしました これ データと まったく関係ありません これプチプチするだけなんですけど すごくいい暇つぶしになるんで 今日一日 会場の皆さんで まわして遊んでください (拍手)
3:35
とにかく くだらないアイデアを どんどん出すんです 皆さん くだらないアイデアを たくさん出します 分析に基づいて 狙うところが分かってしまうと そこを狙いすぎるあまり 新しいことが出なくなります そうではなくて 狙うところが分かっていても 目をつぶってダーツを投げるように 自由にアイデアを考えるんです そうすると 必ず 真ん中に近いところに当たります 一個ぐらいは それを選ぶんです そうすると そのアイデアは ニーズがあり かつ 新しいアイデアになる そういう やり方です
4:09
これはしりとりじゃなくても いろんな方法が出来ます ランダムな言葉を集めればいいです 辞書をぱらぱらとめくって 言葉をランダムに集めたり たとえば適当な2文字を検索して 出てきた結果を拾ったり お店に行って 商品の名前を どんどん考えたいものに 結びつけていくというやり方もありです ポイントは 自分が考えたい ジャンルの情報を集めるんではなく ランダムな言葉を集めることです そうすることで頭の中に 連想の材料が いろいろな連想の材料が集まって それが結びついて アイデアがどんどん出ます この方法の最大の利点は イメージの連続性です 言葉を順番に考えていくわけなので 前に考えていた言葉の イメージが残っているんですね それが勝手に後々 結びついてくるんです 無意識のうちに ライブとブラシが結びつき ルーレットと帽子が結びつく これ 自分でも気づかないんです で 思いもよらないアイデアが出てくる
5:05
この方法はもちろん おもちゃだけでなく 本や アプリ イベント あらゆる企画の発想に役立ちます ぜひ皆さんに試していただきたいです データから生まれる未来もあります しかし 私は しりとりという たわいもない遊びから 皆さんが想像もつかなかった わくわくする未来を 作ってくれることを期待しています
5:30
どうも ありがとうございました
5:32
(拍手)

読んでくれてありがとうございました!
こちらもポチッとしてくれると励みになります☆
にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

WHAT DO YOU THINK ABOUT フィリピン留学?
初心者歓迎 Basic English Camp
ホームページ http://english-bec.com
プロモ 4週8万円~受付中
フェイスブックページ https://www.facebook.com/basic.english.camp
動画はこちら https://www.youtube.com/watch?v=8_VAH8EqpRg
ロゴマーク
0089 HP・お問い合わせはこちら

Add Friend

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中