欧米留学とフィリピン留学比較 その4 滞在スタイル

欧米留学とフィリピン留学の比較 その4

今日はその4 滞在スタイル

滞在スタイルはどうなのか?

フィリピンは学校の寮、欧米(アメリカ)はホームステイが一般的です

 

欧米ではホームステイ

mcupload_52df200fc0677
欧米での留学はホームステイが一般的です。
これはメッチャ楽しそう!ネイティブと一緒に暮らして会話練習もできます。
逆に、一番のリスクとなるのは、そのホストファミリーとのフィーリングが合わないと大変です。
良い人たちなら良いけど、相性合わないとしんどいです。これは祈るしかない。
もしくは申し込む前にしっかりと色んな事を聞いたり、エージェントさんに依頼しておきましょう。

あとは学校までの通学に時間と費用がかかります。昼食も自分で用意します。
ホームステイ先で出るのは朝食と夕食が基本です。
時間とお金が余計にかかる要因となります。

 

 

フィリピンは学校の寮が一般的

スクリーンショット-2015-09-02-21.10.35

一方フィリピンでは学校の寮に住むのが一般的です。
メリットは食事が3食ついている、掃除も有りなのが多いです。

学校の敷地内に寮があったり、寮がそのまま学校になっているのもあります。
通学時間が少ない、もしくは通学の必要が無いです。
勉強だけに時間を費やしやすい環境です。

欧米と比べると、さすがにネイティブと会話の練習ができるってのは無いです。
あとは、1日の運動量が減る。身体がダレる、体力が落ちるって人もいます。
これは土日に運動したり、毎朝ラジオ体操をしたりウォーキングに行くなどして解消している方もいます。

ちなみに、BECは土曜の夜と日曜日は食事が無いです。
と言うのは、土曜の夜や日曜は外にお出かけして英語の実践をしに外に行くので、そのまま外で食事をするという方が多くそのようになりました。

住む場所とレッスンを同じ場所でするボーディング(下宿)スタイルです。
一緒の建物(寮)に4人の講師と2人のヘルパースタッフが住んでいるので空き時間に一緒におしゃべりするのも可能です。と言うか、これは大きなメリットです。
どんどん住み込み講師との会話の中へ飛び込んで行って欲しいですね。

事実、やる気のある生徒は夕食後のフリータイムに30分位住み込み講師と喋って、その後予習や復習をして英会話力と英語力を伸ばしていました。

外観
↑BECの建物
ここで生活します☆

↑BECの建物、中はこんな感じです☆
先生が動画を作ってくれました❤️

あと、韓国系の学校も寮になっていますが、生徒の多くは韓国人です。
韓国語の勉強になりますよ☆これはこれで面白いです♪
でも英語より韓国語が伸びたとならないように(笑)

読んでくれてありがとうございました!
こちらもポチッとしてくれると励みになります☆
にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
WHAT DO YOU THINK ABOUT フィリピン留学?
初心者歓迎 Basic English Camp
ホームページ http://english-bec.com
プロモ 4週8万円~企画中
フェイスブックページ https://www.facebook.com/basic.english.camp
動画はこちら https://www.youtube.com/watch?v=8_VAH8EqpRg
ロゴマーク
0089 HP・お問い合わせはこちら
 ラインだけのお得な情報有り♪
Add Friend  スクリーンショット 2016-02-03 1.12.37

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中