ビジネス英語 オフィスで使える英会話 0章 基本フレーズ12

先日、マニラの友人、卒業生と会った時に日常生活で使う英語はもちろんだけど、ビジネスシーン、オフィスなどで使う英語を覚えたいよ〜と相談を受けました。

13595534_1126000680755681_621212796_n

友人はフィリピン留学していて、日常では英語でそれほど困らないレベルです。わからなくても聞いたりジェスチャーで何とかなるとも言っていました(笑)

でも、仕事場だと、それでもいいけど、それ以上の事をしゃべったり、やはり時と場合に応じた英語を使いたいという事です。

メールで使う英語シリーズ(コチラ)はやりましたが、オフィスで使う英会話はこちらで書いてなかったなと思い、友人に教える意味も含めて連載していきます☆

eng1

今日は1回目という事で、まずは基本フレーズのおさらいから。
オフィスというか、日常でもマストなフレーズたちです♪
いつでもどこでも使える基本フレーズたちですよ!
それゆえにオフィスでも使用機会は多いです。

① 基本フレーズ12

1 May I 〜 ? 〜してもよろしいですか?
許可を求める表現。Could I 〜 ?も同様に使います。 Can I 〜はカジュアルです。親しくない人とは May I 〜のほうがベターです。

2 I’d like to 〜. 〜したいのですが。
希望を伝える時の表現。 I want to 〜 (〜したい)がカジュアルです。職場では I’d like to 〜を使うようにしましょう。

3 Would you 〜 ? 〜していただけますか?
依頼する時の表現。 Could you 〜 ? も同様に使います。 Will you 〜 ?、Can you 〜 ?(〜してくれる)はカジュアル。
丁寧に依頼する時は Would you 〜 ?を使いましょう。

4 Thank you for 〜. 〜をありがとうございます。
感謝の表現。Thank you.だけで終わらず、何についてかを述べましょう。親しければ Thanks for〜でOKです。
〜してくれてありがとうの場合は、forの後は動名詞(〜ing形)になります。

5 Let me 〜. 〜させてください。〜いたします。
何かを申し出る時、許可を得る時に使います。 Would you like to 〜 ?も申し出表現ですが、 Let me 〜 .よりも丁寧です。
フィリピン留学中にLet me 〜を使う生徒さんはほとんどいません。
使役動詞なので日本人には使い方が分かりづらいんですよね。みんな Can I 〜 使います(笑)

maxresdefault

日常生活でも「〜させてよ」とお願いする感じでも、「ちょっとやらせてよ」というニュアンスで使えます。
日本語ではメッチャ言ってますよ。

6 I’m afraid 〜. あいにく〜です。残念ですが(申し訳ありませんが)〜です。
断る時の表現。日本語の「残念ですが」、「申し訳ございません」です。
日本人はそれらを言うのが美徳とされる観点もあるので、気のせいか使用頻度が結構高い気がします。
I’m afraid を文頭に置くと「残念ですが」という気持ちが加わります。

7 〜, right? 〜ですよね?
相手に確認する時の表現。ある程度そうだとわかっているが、念のために確認する時に使います。〜には平叙文がきます。

8 I think 〜. 〜だと思います。
自分の考えを述べる時に使います。「〜」には文が入ります。「〜と思うのですが」と主張を和らげる働きもあります。

9 Why don’t we 〜? (一緒に)〜しませんか?いですか?
提案の表現。 Let’s 〜. (〜しましょう)、 How about 〜? (〜はどうですか?)も提案する際に使えます。 Why don’t we 〜? は「〜したらどうですか?」と相手に提案する時の表現です。

10 I look forward to 〜. 〜が楽しみです。
何かを期待すしていることを伝える時に使います。 to の後に動詞がくる場合は動名詞形(〜ing)になります。
I’m looking forward to 〜 と現在進行形でも使うがカジュアルなニュアンスになります。

11 Would you like 〜? 〜はいかがですか?
相手に何かを進める時の表現。Would you like to 〜? は「〜しあmせんか?、〜したいですか?」、 Would you like me to  〜? は「〜しましょうか?」となります。Do you want me to 〜 の丁寧バージョン。フィリピン留学中にこの構文を使う生徒は少ない印象。

Would you like 〜? はサービス業の方は必ず言います。

11425782_m_1.jpg.300x224_q100

 

12 I’m sorry to 〜. 〜してすいません。
ご存知の通り、「すいません」謝罪の表現です。I’m sorry to heat that. (それはお気の毒に)のように、「〜して残念です」という意味で使うこともあります。

 

どれもオフィスだけでなく、日常で使えるものばかりですね。
でも、使ってるのって結構決まってるというか、ワンパターンになりがちじゃないですか?
それでも会話が成り立つなら良いですが、ちょっとづつ表現の幅を広げていきましょう☆

Basic English Campでは生徒様の要望にもお答えして、使える表現のレッスン、練習もしています!
レッスンはこちら

でも、まったく英語が喋れない、文法も語順も時制もわからない!って方にはちょっと待ってもらいます。
順序良くやらないと逆効果ですから。

 

読んでくれてありがとうございました!
こちらもポチッとしてくれると励みになります☆
にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
WHAT DO YOU THINK ABOUT フィリピン留学?
初心者歓迎 Basic English Camp
ホームページ http://english-bec.com
プロモ 4週8万円~企画中
フェイスブックページ https://www.facebook.com/basic.english.camp
動画はこちら https://www.youtube.com/watch?v=8_VAH8EqpRg
ロゴマーク
0089 HP・お問い合わせはこちら

ラインだけのお得な情報有り♪毎月1名に空港券代還元!?
Add Friend  スクリーンショット 2016-02-03 1.12.37

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中