骨折した際などに使われる『ギブス』は英語じゃなかった!?

骨折した際などに使われる『ギブス』ですが、英語で何と言うかわかりますか?

476407

『ギブス』は英語でも『gips』と使われていると思う方もいるかもしれませんが、英語だと違う言い方なんです。

英語で、、

 

cast』と言います。

『ギブス』という意味の名詞として使われる以外に、動詞としても(ものを)投げる、(視線を)注ぐというような意味があります。
日本で『キャスト』は一般的に(映画など)配役を割り当てるとして使われますが、英語でも同じような意味で使われます。

ギブスですが、元々はドイツ語とオランダ語の『Gips』から由来しています。
読み方もギブスではなく、『ギプス』です。本来はギブスではないというのは知らなかった方は驚きだと思います。

例文
His leg is in a cast.
彼は足にギブスをはめている。

ちなみに『包帯』は『bandage』、『ばんそうこう(絆創膏)』は『adhesive bandages』といえます。ばんそうこうと言えばBand-Aid(バンドエイド)が有名ですが、この呼び方は英語っぽいですが商品名の事です。

この際しっかり覚えておきたいですね!

学生の方は嬉しい学割お得留学プラン中!
詳しくは↓をクリック
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-10-12-05-32

骨折した際などに使われる『ギブス』は英語じゃなかった!?でした!

読んでくれてありがとうございました!

こちらもポチッとしてくれると励みになります☆
⬇️ ⬇️
にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
WHAT DO YOU THINK ABOUT フィリピン留学?
初心者歓迎 Basic English Camp
ホームページ http://english-bec.com
フェイスブックページ https://www.facebook.com/basic.english.camp
動画はこちら https://www.youtube.com/watch?v=8_VAH8EqpRg
ロゴマーク
0089 HP・お問い合わせはこちら

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中