【儚き鶏達の闘い】フィリピンのCockFight(クックファイト)

ブログ.png
こんにちは‼︎
フィリピン留学・b.E.Camp@bECamp1)格闘技がそこそこ好きなインターン生のCHANです。

2017年7月30日、日本では総合格闘技イベント『RIZIN』がお茶の間で放送され、男女共に命をかけて闘った日でした。私もフィリピンにいながらtwitterで実況を確認しながら、心踊らせていました。

個人的に修斗環太平洋バンタム級チャンピオン・石橋佳大選手が負けたことに驚きましたが、ルール的にそういうこともあるのかと、納得……

ま、そういう個人的な趣味の話はさておき、

一方フィリピンでもワイルドな闘いが行われていました。

その名も

Cockfight!!クックファイト

Cockfightクックファイトとは

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1292.jpg

闘鶏(Cockfighit)とは
闘鶏(とうけい)は、鶏と鶏が戦う競技。チキンファイトともいう。通常、戦うのは雄鶏同士である。脚に小型の刃物を括り付けて戦わせることもある。
by Wikipedia

軍鶏(闘鶏用の鶏)同士の闘いです。そしてどちらが勝つか賭けることもできます。
軍鶏の足に刃物(tari)を付けて闘わせます。

フィリピンでは『Cockfight』と呼ばれていると聞いていましたが、それは英語の話。
『チキンファイト』では通じなかったです
サンペドロではタガログ語の『sabong』(ただし以下:Cockfight)と言うと結構伝わりました。

フィリピンの文化として有名なCockfightが
b.E.Campの近くでが行われているとの情報が入ったので行ってみました。

場所

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_129c.jpg

名前
San Pedro Coliseum
営業時間
毎週水曜日〜日曜日
9:00 〜 17:00

かなりわかりづらい所にあります。
※見つけるのが大変でした……

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1288.jpg▲ここの右にあるガソリンスタンドの奥にあります。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1289.jpgUNADJUSTEDNONRAW_thumb_128a.jpgUNADJUSTEDNONRAW_thumb_128b.jpg▲ガソリンスタンドの左側に道が続きます

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_128c.jpg▲奥にはたくさんのバイクや車が…….!!!!!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_128d.jpg▲駐車場は満員御礼状態‼︎

予想外の人気‼︎

入場方法

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_129a.jpg▲入場はこの穴に150ペソ払います。

私は風の影響により、100ペソがこの穴に吸い込まれたにも関わらず、チケット係員がいなかったため戻ってきませんでした泣

闘鶏からの散髪された日_170801_0002.jpg▲こんな感じのチケットをゲット

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1299.jpg▲ここから入ります。

Cockpit(コックピット)外側の様子

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1297.jpg▲入るとこんな感じ
とてもローカルな雰囲気Σ(・□・;)

闘鶏からの散髪された日_170801_0016.jpg▲売店あり

闘鶏からの散髪された日_170801_0017.jpg▲物販あり

闘鶏からの散髪された日_170801_0027.jpg▲軍鶏の販売あり
2500ペソ〜3500ペソ

闘鶏からの散髪された日_170801_0018.jpg▲カラオケあり
※休憩時におじちゃんが歌ってた

▲セクシーなキャンペーンガールがいました。
※写真なし

闘鶏からの散髪された日_170801_0024.jpg闘鶏からの散髪された日_170801_0020.jpg闘鶏からの散髪された日_170801_0023.jpg▲軍鶏に刃物(tari)をつける様子

闘鶏からの散髪された日_170801_0021.jpg▲開場脇では試合待ちの軍鶏とその飼い主
※このあとこの闘鶏はダブルノックアウトという結果になっておりました。

Cockpit(コックピット)の様子(内側)

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1290.jpgすごい人人人人……

なんですかねこれは。

どこにこんなに人がいたんだという。

そして男率97パーセント程(おそらく)笑

フィリピン男性はギャンブルが好きなんですね。

WALAとMEROW

闘鶏からの散髪された日_170801_0008.jpg闘鶏からの散髪された日_170801_0007.jpg
▲闘技場の上には『WALA』と『MEROW』の表記が

相撲で言う『西』『東』なのかなと思い、

まあそんな感じだそうです。

WALA側の軍鶏、MEROW側の軍鶏という形で分けます。

お金のかけ方

闘鶏からの散髪された日_170801_0026_0.jpgまずはこの映像をご覧ください

男達が必死で何か叫んでいます。

「そらそらそらそら!」

とも

「そろそろそろそろ!」

もしくは

「セラセラセラセラ!」

あるいは

「スラスラスラスラ!」

とも聞こえます。

正解は

「Sa WALA, Sa WALA, Sa WALA, Sa WALA!!」

だそうです。

おそらく

「俺はWALAに,俺はWALAに,俺はWALAに(俺はWALA側の鶏に賭けるから、MEROWの鶏に賭ける奴はいないか?)。」

って感じのこと言っているそうです。

そこで賭けにのってくれる人を探して、賭けが成立するといった方法。なんか原始的ですね!

だいたい1000ペソぐらいの単位で賭けてたと思います。しかも席が離れている人にはお金を丸めて投げて渡していました。

私も賭けたかったのですが、何を言っているのかわからなかったので、

「スラスラスラスラ!」

とだけ真似だけして叫んどきました笑

闘い

闘鶏からの散髪された日_170801_0003.jpg
軍鶏同士の闘いはそんなに時間がかかりません。

まずは立合いからすぐに闘いが始まる訳ではありません。

本当に相撲みたいに、何度か立合いを軍鶏にさせ、興奮させて行きます。

闘鶏からの散髪された日_170801_0012.jpg▲闘いの始まり

闘鶏からの散髪された日_170801_0010.jpg▲どちらかが動かなくなるまで闘います。

闘鶏からの散髪された日_170801_0006.jpg▲動けるかどうか確認します。

闘鶏からの散髪された日_170801_0009.jpg▲完全に動かなくなる or 戦意喪失で闘いが終了です。

闘鶏からの散髪された日_170801_0014.jpg▲死んだ方は無残にもゴミ箱みたいなものに入れられて運ばれます。

まとめ

闘鶏からの散髪された日_170801_0019.jpg一瞬が命取りになるCockfight。
それを賭けの対象にして、興奮する男達。

それがいいことなのか、悪いことなのかはわかりませんが、日本にはない文化がここにありました。

残酷な光景がダメな人には私はオススメはしません。

フィリピン留学の際に体験したい方は参考にしてください。

それでは!
Thank you for your time✌️

こちらもポチッとしてくれると励みになります☆
⬇️ ⬇️
にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
WHAT DO YOU THINK ABOUT フィリピン留学?
初心者歓迎 Basic English Camp
ホームページ http://english-bec.com
フェイスブックhttps://www.facebook.com/basic.english.camp
ツイッター        https://twitter.com/bECamp1
インスタグラムhttps://www.instagram.com/basic_english_camp
動画はこちら https://www.youtube.com/watch?v=8_VAH8EqpRg
ロゴマーク
0089 HP・お問い合わせはこちら

ラインだけのお得な情報有り♪毎月1名に空港券代還元!?
Add Friend  スクリーンショット 2016-02-03 1.12.37

広告